Scroll

金型事業部

現在の位置:

TOP

>

概略

創業以来、“金型を量産する”をConceptに、金型製造の全ての工程の標準化整備をすることで、安定した品質と、納期達成を評価され、過去18年にわたる金型の外販事業を継続しております。

APSの金型製作Systemの特徴

POINT1

安定した品質と納期を評価され、金型の外販実績比率が増加しております,過去10年間の金型生産実績(2021年10月现在),UNIT数:7363点,部品点数:2797部品(外販比率70%)   生産金型数:4828型

1民生順送金型写真

2.自動車関連金型写真

3.ロボット金型写真

POINT2

金型部品の生産管理を自社開発のERPSystem活用で、部品の全生産工程と目標時間の設定をし、日々の進捗管理をすることで、金型納期が98%以上達成できております。

1.単品加工図

2.標準加工時間設

3.ERP生产进度表

POINT3

売型に対して、納品後のお客様工場でのトラブルを防止するために、特別管理を行っております。製品の全箇所測定Dataを確認、承認を頂いた後、全ての部品を外して、ライナーが残っているなどの異常が無いかどうかを品証部門の監督で確認をし、記録します。その後再度組み立てて、出荷前チェックリストにて確認した後、量産状態で動画を撮って、お客様の承認を得てから、金型の出荷を手配します。その為部品量産用と別に、金型トライ専用プレス機を準備しております。
この対策を継続実施する事で、お客様の工場立会をなくすことができ、お客様からの継続した注文を頂いております。

1.全データ検査提出(チェックシート写真)

2.全バラシ部品異常確認 (バラシ作業の写真)

3.全バラシ部品異常確認 (バラシ作業の写真)

4.組立作業の確認 (チェックシートを完成した写真)

金型量産ビデオ

POINT4

順送金型の短納期製作System,特定の形状に限られますが、7日間で60t順送型を発送するSystemを持っております。短納期製作Systemとして、繰り返し考えない(同様な設計をしない)、繰り返し書かない(標準部品を事前準備する)、繰り返しやらない(失敗の対策を標準化する)の徹底した標準化により、従来発送まで19日間掛かっていた納期を、7日間で発送できるシステムを持っております。

1.一般的な作業方法。 7 DMの作業方法

2

生産設備

Production equipment

金型組立フロアー

放電加工設備

大型CNCマシニングセンター

日本製ソディックワイヤカット現場

日本製ソディックワイヤカット設備

台湾製ワイヤカット加工現場

精密研磨加工現場

金型加工設備

品証設備

Quality inspection

3次元測定設備

3Dスキャナー